私が初めてアルバイトをしたのは、高校一年生の時だった。

初めてのアルバイト
初めてのアルバイト

私が初めてアルバイトをしたのは、高校一年生の時だった / 31歳 女性

私が初めてアルバイトをしたのは、高校一年生の時だった。
当時、地元では有名だった子供服の販売店で、夏休みの間、友人と一緒に働いた。店頭には正社員の女性が三人いたのだが、皆、とても優しく指導してくれた。業務の中で一番好きだったのは、服を自分で選んで組み合わせて、ディスプレイする作業だった。自分の好みだけでコーディネートするのではなく、流行を取り入れなければならない。店頭には子供服の雑誌があり、それを読んで知識を蓄えたり、地域独特の売れ筋を社員に教えてもらい、コーディネートした服をマネキンに着せるのだが、その商品が売れるととてもうれしかった。
他には、とても地味な作業なのだが、客が広げた服を綺麗に畳む作業がなぜか好きだった。小学生の頃からファッションに対する興味が強かったのだが、その店でアルバイトをするまでは、自分の服を買ったり、コーディネートしたりするだけで満足していた。

しかし、バイト後は“服を販売する”ということの楽しさに触れ、次は女性服を販売するアルバイトをしてみたいと思うようになった。また、社会人になってから、その子供服店の優しかった女性社員のことを思い出し、自分がやる気を持つことが出来たのは、彼女たちのお陰だと感謝の気持ちを持ったと同時に、自分も新人のモチベーションをあげられる人間になりたいと思った。